BIソリューション概要

1996年にマイクロソフト社がパノラマ社のOLAP ソリューションとMDX クエリ言語を取得して以来、パノラマ社はSQL Server Analysis Services環境で利用できる最適なBI ソリューションパッケージの開発に重点的に取り組んでまいりました。
パノラマ社の統合BIソリューションは以下の機能を搭載しています。

パノラマ社が開発するBIソリューションは、高度なキャッシュと接続プールによってマイクロソフトのBIプラットフォームの性能と拡張性を向上させます。パノラマ社のBIソフトウェアはマイクロソフトのプラットフォーム上でもっとも統合に優れたBIソリューションで、SharePoint、ダッシュボード、mySAP portal、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、Microsoft Visioなど、さまざまなアプリケーションでBIを利用することができます。

マイクロソフトのプラットフォーム、モデル、データ上で機能する完全MDX対応のBIは、パノラマのソリューションだけです。パノラマのソリューションはデータ抽出やメタデータレイヤを追加する必要がなく、他社のBIソリューションにはないメリットを提供します。

ユニバーサルデータコネクタ

ユニバーサルデータコネクタは、データベース、ExcelおよびCSV形式のファイルなど、リレーショナルデータソースまたは非OLAPのデータソースに接続が可能な業界初のツールです。優れた対話型機能のあるレポート、ダッシュボード、スコアカードなどを数回のクリックで作成することができます。
詳しくはこちらをクリックしてください。ユニバーサルデータコネクタ