金融機関のためのソリューション

オペレーショナルリスク管理

規制関連の懸念に加えて、金融機関は複合的な理由からリスクの測定と管理に高度な手法を採用しています。規制による圧力はもちろんですが、銀行は規制当局に適合するためだけにリスク管理を行うわけではありません。ビジネスとして成り立つからこそ、リスク管理を実行しているのです。

オペレーショナルリスク管理を効果的に実施すると、従来の会計検査業務や統制プロセスの枠を超えることができ、コンプライアンスと危機管理に加えて、戦略計画、資本管理、株主利益の強化へと銀行の資源をシフトすることができます。実際にリスクを利益と比較する場合、リスク調整後資本利益率がもっとも優れた評価基準です。

リテールバンキングの金融リスク管理には、リスク原因の特定、評価、それらに対応する計画の策定が必要です。極めて重要な課題であり、一貫性があり統合された最新のデータがなくてはほとんど無意味なものになります。

さらに、リテールバンキング業は金融業界でもっとも競合の激しい分野のひとつです。 したがって融資、現金残高、与信管理、流動性管理などのリスクについて、運用リスク評価の誤差の許容範囲がほとんどなく、厳密なリスク管理が求められます。

これによってオペレーショナルリスク事象についての情報を収集、管理、報告するという課題が発生します。この課題は重要リスク管理指標の追跡、監視によって達成できます。さらにこのデータを収集した後、リスク評価を分析、報告して優先順位を特定することがリテールバンキング業務の大きな課題です。

具体的なソリューション

Nectoの高度なBI機能によってデータはリスク情報に転換され、金融機関はそれに基づいて行動することができます。さらにリスクアービトラージなど、リスクが効率的に評価されないプロセスや技術からの副次的な影響を回避することができます。効果的で柔軟なBIプラットフォームNectoの活用によって、発生しうる損害の全体像を表す情報がリアルタイムで表示され、最高経営責任者からライン管理者までこの情報にアクセスすることができます。取引を行う場合の限界を職員全員が把握することが可能になります。

Nectoを導入すると、リテールバンキングにおける信用、市場、オペレーションに関するあらゆるリスク情報について、単一のBIプラットフォームでレポート生成と分析を行うことができ、業務効率を改善しコストを削減することができます。リスク管理専門家の能力が向上し、IT要員に頼ることなく自身で大半の分析を行うことができるため、生産性の向上という追加的メリットも得られます。

三角二つ矢印前ページへ戻る