製造業のためのソリューション

流通チャネルの効率改善

メーカーは従来、主に競争で成功を収めるための重要領域として操業効率を重視してきました。現在は、費用対効果に優れた真の価値を創造する販売方式による営業マーケティングの優位性を獲得するための競争が続いています。流通チャネル管理を達成するためには、メーカーは独自の洞察力が必要ですが、これを入手するためには、トランザクションのリアルタイム分析と変化する景気動向の詳細な分析を組み合わせることが重要です。

近年、メーカーの流通チャネル管理はますます困難になっています。需要変動を見極める洞察力がなくては、流通チャネルにおける適切な在庫レベルを判断することができません。今、流通チャネル管理は製造業の中心的な課題として浮上しています。

最も基本的なレベルで流通チャネル管理を達成する最善の方法は、すべてのチャネルの活動を可視化することであり、そのためにはタイムリーで一貫した完全なデータを持つことがポイントです。

具体的なソリューション

流通チャネルを総括的な視点からとらえることは、卸売業者への支払額を算定し、二次流通市場の動向を明らかにし、流通チャネルの全体的な成果を評価するために必要です。この点こそ効果的なBIソリューション Nectoが役立つポイントです。BIツールを使用してタイムリーで一貫性のある正確な実績データを収集することで、従来のソリューションでは入手できなかったビジネスインサイト(洞察)を引き出すことができ、取引の流れに対してすぐに修正措置を適用することができます。

たとえば二次部品調達、製品の移管、余剰品の返品、製品を流通させる場合の実際のコストを表示するレポートを作成することができます。また製品、ブランド、顧客、流通チャネルごとの継続的な販売実績管理も可能です。販売傾向と顧客の購買活動を分析し、製品利益率の実績、顧客満足度、キャンペーン効果についてのレポートを生成します。

BIが開発されていなかった時代は、このように分析が複雑であったためデータを扱うのは主にアナリストでした。パノラマのダッシュボードを活用すると管理職はアナリストに頼る必要がなく、自分が定義する情報パラメータに基づいて主体的に判断することができます。

三角二つ矢印前ページへ戻る