製造業のためのソリューション

サプライチェーンの進化

今日の世界経済では、製品の開発と製造がますます複雑化しています。一般的に多数の仕入先が関わり、仕入先企業の立地はそれぞれ別々の場所に分散しています。効率的に協業するためには製造パートナーにサプライチェーン全体の在庫管理を行うツールがなければなりません。在庫管理を綿密に行うことで最終顧客の販売予測率に基づいて製品出荷を自動化することができ、効率と収益性を高めることができます。

本来、経営陣やマネージャーに加えて最前線のスタッフも生産性の実績、ベンダーやパートナー契約の事業価値を監視、報告し、適切な軌道修正ができることが理想的です。メーカーはベンダー責任の遂行について一貫した効率的な品質管理を行い、ベンダーの業績評価、条件交渉、新しい業務提携のスタートなどが責任者によって実行しやすくなるように、結果を記録することが可能になります。また確実な需要計画機能によって経費を抑え、メーカーの業務目標に基づいてベンダー各社を調整することができます。

ところが計画システムが分散化していると、経営陣や現場監督による生産ラインの問題の特定や、顧客要求の変化へのスピーディな対応が難しい場合があります。世界規模で業務の可視化ができなければ、在庫数量を正確に追跡し、納期順守で出荷することは極めて困難になります。その結果、超過在庫の保管・管理コストの高騰や、納品遂行の顧客満足度の低下につながります。

具体的なソリューション

効果的なBIソリューションによってサプライチェーン全体のユーザーが顧客要求と商品配送を可視化できるようになります。調整が必要な場合に、よりスピーディに的確なビジネス判断を行い、最善の措置をとるのに役立ちます。自動通知などの機能によって簡単に在庫を管理でき、倉庫に在庫を蓄えることなく最適な品目レベルを維持することができます。購買チームは有利な条件でタイムリーに購買計画が立てられ、経費をおさえて顧客要求を確実に満たすことができます。さらに工場の操業と密接に連携し、納期順守で納品するために必要な材料が工場にあることを確認することができます。

三角二つ矢印前ページへ戻る