流通・小売業のためのソリューション

小売業界のサプライチェーン

在庫は小売業において最も大きな金融資産です。小売業の常識ですが、商品、タイミング、店舗、価格のすべてを完全に適切に提供することは非常に複雑な課題です。需要の高い商品を品切れにすると顧客と収益を失うという結果になります。

つまり魅力的で印象に残る買い物を実現するための在庫の品揃えの選定、店舗への在庫配置、効果的な補充が小売業の真髄です。在庫管理がうまくいくと資本コストの削減ができ、飽和状態の市場でも成功することにつながります。

在庫の仕入、店頭への配置、効率的な補充のプロセスは、ある理由があって「チェーン」と呼ばれています。つまり業務の全ての部分が密接に結びついており、全ては商品の動きに関してタイムリーな信頼性のあるデータを得られるかどうかにかかっています。

しかしサプライチェーンの各過程が別々のソースからデータを取得して別々の場所に保存すると、事実のデータのまとまりがいくつもでき、重要なデータリンクが分断されます。サプライチェーンの慢性的な問題は店頭での品切れ、季節外れの在庫、過剰在庫が倉庫にあるなど、単純ですが目で見てわかるものです。利益がわずかしかない場合は帳消しになる可能性があります。

具体的なソリューション

小売業に最適なソリューションNectoおよびNovaViewは、小売チェーンの膨大なPOSデータをリアルタイムで最小在庫管理単位(SKU)まで処理、分析、レポート生成し、これを活用して品揃え、補充、価格、在庫数量をカスタマイズすることが可能です。

まず、バイヤーはベンダーのブランド、最小在庫管理単位、出荷、リードタイムについての正確な最新情報を取得することによって、BIを活用してシーズン終了までの需要応答に必要な在庫量の予測や安定供給の管理が可能になります。次に販売店は品目移動分析によって品揃えのレベルを最適化し、在庫切れの最小化、棚卸資産原価を管理することができます。在庫補充担当者はBIを使って配送センターあるいはベンダーに自動的に商品を再注文することができるので、時間を節約し総資産利益率の向上が期待できます。

NectoおよびNovaViewソリューションには、KPIを監視するダッシュボードやバブルアップ例外機能など使いやすいツールが搭載されています。特効薬的なサプライチェーンを構築するものではないかもしれませんが、自社独自のプロセスを自動化し、今まで考えもしなかった業務効率の改善を実現することができるでしょう。

三角二つ矢印前ページへ戻る