『Universal Data Connector』 | ニュース | ビジネスインテリジェンス(BI)のBIツールならNovaView®(ノバビュー) | 公式サイト

NovaView®に関する最新トピックをお伝えします。

Universal Data Connector

リレーショナルデータからのモデル化、分析、洞察
企業がアプリケーションを追加するにつれてデータは複雑になり、データ収集のポイントが増えます。並行して、ユーザはスプレッドシートで大量の重要な情報を収集しています。データは非常に多様なので、時に重要な情報がデータウェアハウスに格納されない場合があり、そういったデータをレポートや分析に使おうとすると限界があります。
前もってデータを定義しモデル化する方法以上のものを見つけない限り、洞察には限度があると言えるでしょう。そして、意志決定の結果に影響を及ぼす可能性があるでしょう。

キューブを使わないデータ分析
NovaViewを使って、ユーザは効果的にOLAPベースのデータを分析できます。ビジネスに役立つより優れた見解を得られるため、組織はNovaView固有の双方向的な機能性に満足しています。一方、ユーザは対話性と洞察を評価しながらも、OLAPキューブの範囲内でしかデータをモデル化したり分析したりできないということに限界を感じています。
このニーズに応え、PanoramaがNovaView6.0に機能追加をした結果、OLAP以外のデータやリレーショナルデータにも接続できるようになりました。このことによって、ユーザは自発的で双方向的なより高度な分析機能が利用できるようになりました。Uneversal Data Connectorは、従来のリレーショナル・レポート・ソリューションよりも遙かに高度なソリューションを提供しています。つまり、OLAPの機能性を備えたリレーショナル・レポート作成機能なのです。

どのように動作するのでしょうか
Universal Data Connectorは、GoogleのSaaSソリューションで既に導入済みで、特許出願中のPanorama独自の技術を利用しています。RDBMS、Excel、CSVと、既存のReporting Servicesを含むどんなリレーショナルデータソースにも対応し、独自のアルゴリズムでデータを瞬時にモデル化します。NovaView Serverはインメモリあるいはファイルベースのモデルを自動で生成し、管理します。ユーザは更新日時やその他微調整のオプションを定義するため、そのモデルを管理したり修正したりすることが可能です。データソースはスプレッドシートのように単純にも、SAP ERPのテーブルのように複雑にもできます。
NovaViewユーザは新しいウィザードでデータソースを選択し接続することで、双方向的なレポートを作成することができます。NovaViewがリレーショナルデータソースに接続すると、ユーザはデータをモデル化し、構造、書式、事前のフィルタリングなど、要素のカスタマイズができます。ユーザは、これまでと同じNovaViewのインターフェースと豊かな双方向性の機能を使って、より広い範囲の企業内データにアクセスすることができるのです。


NovaView® お問い合わせ
【NovaView®公式サイト】をご覧の皆様
BIのことならNovaView® 。使いやすく高速なBIツールをお探しの企業様、WebブラウザだけでなくExcelを使って分析などを行いたい企業様に最適なビジネスインテリジェンス(business intelligence)のツールです。世界30ヶ国1,500社以上の企業で採用されています。
三角二つ矢印ニュースのトップへ戻る
NECTO 体験サイト NovaView® お問い合わせ
PanoramaパートナーMicrosoft Microsoft Gold Partner Microsoft Pinpoint
ビジネスパートナー企業募集中!! BI用語集コーナー 医療機関様向け 未収金分析スタータープランをリリース!
NovaViewロゴ business intelligence(BI)を
お考えならNovaView®
ビジネスインテリジェンスのTEC NovaView® 日本語版 は、
株式会社日本テクニクスにより提供されています。